休日は漫画三昧でもいいでしょう。

映画やドラマにもなったよしながふみ先生の「大奥」は、少女漫画という枠を超えて素晴らしい人間模様絵巻物だと思います。
この「大奥」が素晴らしいと思う理由はいくつかありますが、まず男女の役割が逆転した世界の大奥、という設定がすごいですね。
一人の女将軍に仕える何百人もの男たち、これは凡人にはできない発想だと思います。
そしてこのとんでもない設定も、作品を読んでいくうちに非常に説得力出てくることにも驚かされます。
なぜ将軍が女になったのか、その理由は一番最初に軽く説明はされていますが、詳しいことは作品を読んでいくうちに徐々に分かってきます。
そこで読者は「なるほど!そういうことだったのか」と膝を打つわけですね。
他にも、歴史的史実をストーリーの中に非常に上手く取り込んでいる点も驚かされます。
江戸幕府の代々の将軍が出てきますが、それぞれの将軍のキャラクターも面白いですね。
歴史上の本物の男性の将軍のイメージものこしつつ、女将軍独特のキャラが作られているところもこの作品も素晴らしいところだと思います。
漫画が多すぎて本棚 通販で買って整理することにしました(;^ω^)